読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

言葉よりも大切なもの

嵐の名曲「言葉より大切なもの」 

ハダシの未来/言葉より大切なもの

ハダシの未来/言葉より大切なもの

 

 

 「Stand up!!」という当時中学生の北村には若干刺激的なドラマの主題歌でしたが、曲自体、個人的にはかなり好きでしてカラオケでもよく歌ったりしております。

疾走感のある歌詞の一節にある「言葉よりも大切なものここにはあるから〜♪」というのがとても印象的で心に残るんですよね。(音楽詳しくないですが笑)

 

そんな前フリにプラスして、先日も「自己PRに悩んでいる方がやるべきたった一つのこと(ここだけの話、この記事がNewspicksに取り上げられてびっくりしてました)という話の中で「自己PRなんぞ、自信を持って話すことが何より大事じゃ!」などと申してしまったがゆえに、「北村はアニマル浜口バリのテンションで突っ走るザ・体育会系人材でパッションしかないんじゃないのかなぁ。ブログ読む価値ないんちゃうかなぁ。」と思われるのもちょっと嫌かなぁ(事実その部分もありますが)ということで、

 

あえて今日は就活において

「言葉より大切なもの、どこにもないんだよ」

ということをお伝えしたいと思います。

 

だって、面接って言語コミュニケーションですからね。どれだけニコニコ笑顔で自信のある声色で面接に臨んだとしても、結局は「言葉」がなければ伝わらないです。

「一を聞いて十を知る」とか、「言わぬが花」とか「以心伝心」とか、就活の面接に限らず、初対面でやれっていうのは無理ってもんです。自分の頭のなかで描いている「絵」は全く相手には伝わりません。

とどのつまり、就活(とか自己紹介)とは、バックグラウンドの異なる初対面の相手に自分のことについてどれだけずれずに「言葉を用いて」伝えることができるのか?ということにつきると思います。

一方で、就活生の方の話を聞いていて思うのは大概の人、特に就活を初めて1-3ヶ月くらいの方が話している言葉が「借り物言葉」だということです。

これ、今まで普通に大学生として過ごしてきていていきなり就活モードになっていろんな言葉を浴びていくという就活の構造上、一部仕方ないことだとは思うんですが、結構深刻だなと思うことが多々あります。

例えばこの時期多発する「裁量権のある仕事】をしたいです」とか、「【風通しのいい職場】がいいです」とか、「【新しいことに挑戦できる環境】がいいです」とか。

結構突っ込みたくなるポイントでして、その後の問答は大概こんな感じ。

 

北村:「裁量権ってどういうこと?」

就活生:「若手から仕事を任せてもらえるということです」

北村:「若手ってどれくらいかなぁ?仕事を任せてもらうってどれくらいの仕事をどんな風にできること?」

就活生:「、、、。」

 

ということが結構多いので、説明会で聞いた言葉を"借りてきて"使ってるよね?とその瞬間に突っ込みたくなります。

そのままでは本質的には面接官には一生伝わりません。「腹落ちした自分の言葉」にする必要があります。

じゃあどうしたら「借り物言葉」から脱却して「腹落ちした自分の言葉」にできるのかっていう話ですが、やるべきことは大きく下記の2つです。

 

1.色んなパターンで使われる「借り物言葉」に触れる

2.質問をする

 

良くも悪くも自分自身含め、学生向けのメッセージは学生向けに”お化粧”されています。"お化粧"というは事実を隠しているというわけでもなく、事実を捻じ曲げているというわけでもないです。事実は間違いなく存在します。要するに学生向けに事実を直接的に話しても理解しにくいから、抽象度を高くしてみなさんの頭にすっと入りやすくなるように各企業の担当者が工夫しているのです。

それは逆に言うと、全く違う事実であっても表現が同じになる可能性があるということです。

例えばAという会社もBという会社も「若手から仕事を任せる環境なんだよ」という話をしたとしてもAという会社にとっての若手は40歳まで。Bという会社にとっての若手は25歳まで何ていうこともザラに起こりえます。

特に就活初期はそんな具体的な事実での違いを汲み取れず、下手すると「あー、世の中殆どの会社が裁量権あってすばらしいなー」なんていう風になっちゃいます。

これを乗り越えるためにぜひ前述した2点を並行して進めてみてください。

色んな種類の「裁量権」に触れつつ、具体的には何歳のときにどんなことができるっていうことですか?という具合に。

実は世の中多くの学生がこの「具体的にはどういうことですか?」という質問をセずに、抽象的な話を聞いて「わかったような気になって」帰っていくことが多いです。これを続けているとなかなか「腹落ちした自分の言葉」はいつまでもでてきません。

しっかり自分で具体的なところまで理解して、自分の言葉で自信をもって語れるようになる。というところを目指してガンガン質問していって(きて)ほしいななどと嵐をくちずさみながら思う今日このごろでした。

ちなみにGoodfindでは4月に東京札幌大阪福岡でそんな具体的な言葉を習得するのにうってつけな少人数制座談会がウリの6社から10社が集うイベントを開催しますす!

東京回の基調講演にはなんと入社1年目の教科書の著者・ライフネット生命の岩瀬さんが登壇と豪華過ぎる内容です。

関東、関西、地方問わず18卒の就活生のみなさんは「腹落ちした自分の言葉」を習得するのに最高の場をお見逃しなく。

 

▼札幌開催 GDあり

 04/16(日) 13:00-17:30 北農健保会館(札幌市中央区)

www.goodfind.jp

 

▼福岡開催 GDあり

04/23(日) 13:00-17:30 天神チクモクビル(福岡市)

www.goodfind.jp

 

本当の本当に自分が就活生だったときに読んだ本10選

ここに晒すのはおこがましいのでやめておきますが、実は就活が終わった頃匿名で20エントリー分くらいひっそりとブログを書いておりまして、それをほじくり返して見たところ就活の際に読んでいたおすすめ本リストを発掘したので、せっかくなので再掲?してみたいと思います。

一部新版が出ているものもあるのでそれは最新版をamazonから引っ張ってきております。

当時のコメントとともにお楽しみください笑

※過去ブログ特定されるのもあれなので、ちょっと表現変えてます

 

ちなみに当時のわたくしの前提としては、就活うまくいかなさすぎて萎えつつ、部活で時間を奪われつつ、なんとか必死こいて勉強しなきゃ!という焦燥感のもと3ヶ月で20-30冊くらい頑張って本を読んでました。

一度取り壊されて今は復活している?京都河原町のBALのジュンク堂書店で休みの日は朝から晩まで立ち読みしていたのが懐かしい、、、。

ということで10選スタート。

エントリーNo.1  

絶対内定2018―――自己分析とキャリアデザインの描き方

絶対内定2018―――自己分析とキャリアデザインの描き方

 

 

超無難に右も左も分からないときに使ってました。ぶっちゃけやりきれず途中で挫折しましたが笑。部活終わってからこたつに入りながら自己分析に勤しんだのが懐かしいです。

エントリーNo.2 & 3 

 

 

 この2冊、立ち読みで一気読みしたんですよね。まじで行き詰まってた頃に少し光明を与えてくれた本だった記憶があります。


エントリーNo.4

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)

 

 

こいつのおかげで就活救われたと言っても自分の中では過言ではない本。阪急梅田駅の紀伊国屋書店での邂逅は今でも忘れない。なぜかこれを読んだ後GD全通。


エントリーNo.5 

一勝九敗 (新潮文庫)

一勝九敗 (新潮文庫)

 

 

ファーストリテイリングとか全く志望先でも何でもなかったけど、読みやすそうな薄さで経営者の本ってこともあってなんとなく購入→激刺さりした本。経営者の本は総じておすすめです。

 

エントリーNo.6 & 7 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 就活中に本を読むきっかけになった本。たまたま知り合いだった社会人の先輩におすすめされてハマった記憶があります。サラリーマンとして働く以外の道というか、就活なんでするの?って考えさせられた感じです。

エントリーNo.8

 初めて読んだときにはかなりセンセーショナルな刺激を受けた本。大企業が人気のなか本当にそれでいいのか?と考えさせられた記憶有り。

 

エントリーNo.9 & 10

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい

 

 

武器としての決断思考 (星海社新書)

武器としての決断思考 (星海社新書)

 

 

当時大学生協で圧倒的なベストセラーだったこちらの二冊。欠かさず読んでおりました。


10選といったくせに番外での圧倒的な思い出本

裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)

裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)

 

文句なしで就活中に読んだ本の中でNo.1の記憶に残る本。京都駅の本屋で買って、夜行バスで東京について朝早すぎるからラウンジで読みはじめて3ページで号泣した。面接に謎に涙で目を赤らめて行くというある意味の失態をしてしまいましたからね。当時の自分の感覚は「就活生」っていう枠にはまってる自分が情けない!!って言う感じだった模様。面接で落ち込んだときに勇気をもらった本でした。


以上就活中に読んで印象に残った本達でした。
就活は移動とか面接の間とか実は隙間時間が多いので本を読んでインプットしまくるのも大事ですね!!
ご参考まで!

 

自己PRに悩んでいる方がやるべきたった一つのこと

時期柄か、18卒で相談に来る就活生から「自己PRに自信がないんです」「自己PR見てもらえますか?」「一番頑張ったことってこれでいいんでしょうか?」といった類の質問をいただくことが多くなってきました。

3月の解禁に伴い、企業の方との面談や面接が徐々に増えてくる中で、面談で激烈フィードバックを受けたり、もっとダイレクトに選考に落選したりして不安になる方が増える時期なんだなぁと。

相談に来る学生の殆どは、自己PRの中でも、「何を話したらいいのかわからない」とか、「話すことがない」と言った悩みをもっていることが多いのですが、実際は「話し方」「話しているときの姿勢」「醸し出す空気」などの方に問題があることのほうが多かったりします。

つまり、、、

 

  1. あまり準備せずに面接に行く
  2. うまく話せず落選してしまう
  3. 意気消沈して自己PRに自信がなくなる
  4. 次の面接でも自信を持てず暗い雰囲気になったり、テンパったりする
  5. また落選する

 

という最悪のスパイラルに嵌っていることが多いです。

これ、ハマりだすと抜け出すのが大変です。北村もさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすで「ポジティブ」がTOP5に出るくらいには楽天的なタイプではあるのですが、就活中は準備不足で落選しまくって負のスパイラルにハマることも多かったです。

そうなってしまった場合やるべきことは、コンテンツを磨き上げることはもちろんですが、まず何より「自信をもっていかにもそれらしく話すこと」です。

(究極言ってる内容がハチャメチャでもめちゃくちゃ自信ありそうだと、それっぽく結果残せそうな人間だなと思われたりすることすらあります。ex.ネオヒルズ速)

ぜひ、一度自分の話す姿勢・表情・ジェスチャーなどについて友人からフィードバックを受けてみてください。思いの外修正点が見つかるはずです。

具体的にどうしたらいいのか?という観点で言うと、北村個人として激烈推している2つの著名なTED talkがあります。

北村がおすすめする「自己PRに悩んでいる方がやるべきたった一つのこと」とは、「下記の2つのTEDを何度も見返して実践する」ことです。

きっと見違えるような面接結果が待っているはず!!

 

1.エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」

面接の前に見返して「力のポーズ」しましょう。

 

2.ジュリアン・トレジャー: 人を惹きつける話し方

 

 

これをマスターすれば、完璧!

18卒の就活もまだまだこれから。前を向いて頑張っていきましょう!

うまくいっている人の考え方

意識しているわけではないのですが、結構な頻度で流れの中から本の紹介をすることが多くなっているこのブログ。

読者家な雰囲気を醸し出していますが、北村は基本的に本や活字を読むのが特段好きではありませんし、年間の読書量も大して多くありません。

(漫画は大好きで毎週ジャンプ、マガジン、ヤングマガジンヤングジャンプは欠かさず読んでいます笑)

 ただし、基本的に極端な行動を取ることが多い北村はたまーに、読書にハマる時期があります。

その一番最初の時期が実は中学校2年生の頃でした。もともと新潟県上越市という海の幸と山の幸に恵まれた義の将・上杉謙信公の城下町で生まれ育った坊主頭の野球少年は当時、部活以外の時間の娯楽といえばテレビゲームくらいなものでした。

上杉謙信

上杉謙信

 

 

そんなあるとき、近所にあったTSUTAYAにふらっと立ち入り、それまでゲームコーナーと漫画コーナーにしか見向きもしなかったのですが、何故かその日はふと目に飛び込んだ自己啓発という文字に吸い込まれるかのように「ビジネス書・自己啓発本コーナーに初めて足を踏み入れたのでした。

自己啓発の意味もわからずはいったそのコーナーで北村の目を釘付けにしたのがこの人生初のマンガ以外で読んだ本「うまくいっている人の考え方」でした。

 

オーディオブック
書影
うまくいっている人の考え方
ジェリー・ミンチントン
1,296
FeBeで買う

 

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

なんとなく「うまくいきたい」と思っていたのでしょう笑。ませた中学生です。超ロングセラーとなって今でも書店に平積みにされているこの本に出会って以降貪るように自己啓発本を買っては、中学校の昼休みにドヤ顔で読みふけるというちょっぴり変態な中二病でした笑

今振り返ってみると、中学校二年生だからざっくり15年くらい前なんですよね。それ以来この青色の表紙は永遠と頭にこびりついているのですが、中身についてはほとんど記憶になかったんです。

そんななか、つい先日最近ハマっている(今はたまにある読書ハマり時期です)オーディオブックのFebeにおいて800円セールにこの「うまくいっている人の考え方」がリストアップされており、「超久々に読んで(聞いて)みるかー」と思い購入してみました。

 

FeBe

 

改めて読んで(聞いて)みるとなんとまぁ衝撃的。全く本の内容なんて覚えていなかったのですが、聞けば聞くほど自分がなんとなく考えている行動指針的なものに非常に近い言葉がズラリ。

もちろんこの本で記載されている考え方のすべてをうまくやれているわけではないのですが、普段から意識している、ないしは意識したいポイントが並んでいてほんとにびっくりしました。

顕在意識になかなか残っていないものでも幼少期(といっても中学ですが)に読んだ本の内容が知らず知らずのうちに潜在意識に刷り込まれていたのかななんて思いました。

ちなみに内容としてはざっくりいうと「自尊心」の身につけ方について語られています。就活で落選が続いたときに読んだりすると立ち直れるかもしれませんね。

 

読んだ本の内容って、覚えてないと思っていても覚えてるものなんだなと実感した15年ぶりの懐かしい本との邂逅でした。

Fintechの中でも送金系のサービスが最近アツいよねという話

ベンチャー関連の記事がまったくないので、たまには。

Fintechという言葉自体はバズワード過ぎてそもそも陳腐になりつつあるものの、その中の細かいセグメントごとに流行り廃りが激しいですよね。

実は就活時代なぜか決済領域やっているベンチャーを幾つか受けていて興味をもって2.3冊本を読んだのがなつかしいです笑

 

昨日もこんなニュースが出ていてましたが、特に最近、送金系サービスのプレスが相次いで出てきて面白いですね。

www.sankei.com

 

ちょっと前にもPaymoのコンセプトムービーが話題になったり、

 

いわずもがなApplePayの日本上陸も話題になったり、

youtu.be

 

やはり決済や送金関連は手堅くて美味しいのでどこも圧倒的なシェアを奪うべく競争しているなーなんて見ています。

決済・送金系は機能的には経済活動が続く限り起こるものなので、Fintech銘柄の中でも当たると手広く周辺領域に手をだしやすいですよね。パッと見だと、金融かぁとか地味だなぁとかになりやすいのでベンチャー見ている就活生からはあまり認知度や人気度が高くなかったりするというギャップもありますが。

個人的には以前に日本円対応がライフハッカーでも取り上げられていたオンライン海外送金サービスのTransferwiseがアツいなぁと思っていたり。BtoBの巨額の送金・決済をグローバルで抑えてしまうと圧倒的ですもんね。

www.lifehacker.jp

引き続き要注目です。

明日から働き始める"意識高めの"17卒のみなさんへ

17卒のみなさん、ご卒業&就職おめでとうございます!!

新入社員の方向けにメッセージを書けるほどなにも持っていないたかだか社会人5年目になる自分とは思いつつも、Facebookを眺めていたら、ライフネット生命の岩瀬さんが【社会人1年目の教科書】投稿をされているのが、フィードが流れてきたこともあり、意識高い系の方向けにせっかくなので短めですが、すこしだけ書いてみようと思いたちました。

【入社1年目の教科書】1. 何があっても遅刻はするな/会議にはペンとノートを手に一番乗りしよう。電車は遅れると思って余裕をみて行動。歓迎会の翌朝こそいつもより早い出社を心がける。大切な予定の前夜は熱い風呂につかろう。最初の1ヶ月で「安心して任せられる」と信頼される新人を目指そう。

 

 引用:岩瀬 大輔 - 【入社1年目の教科書】1.... | Facebook

 

原著はこちらですね。

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 

 

まだ読んでいない方はサクッとでも目を通しておくといいかと。

 

もともと体育会系硬式野球部出身かつ、社会人1年目が体育会気質もある総合商社だったこともあり、遅刻・寝坊はめちゃくちゃ気をつけていたなぁと思い出しました笑

ひょっとすると企業によっては当たり前ではないのかもしれませんが、飲み会の翌日は更に気を付ける&一緒に会に参加した上司・先輩方に御礼をすると言うのは徹底してました。

そういった点を大事にするクライアントを持つ可能性は大いにあると思うので社内文化としてなかったとしても癖付けると良いポイントかもしれませんね。

 

この辺のことをしっかりやっていることによって、社内で信頼を獲得して色んな仕事を任せられるようになると思います。

そこで次のハードルで来るのが、任せられた大量の仕事どうするんだっけ?というハードルかなと。最初はがむしゃらにやるまでだと思いますが、少し慣れてきたら立ち止まって優先順位をつけたりするということを意識したいですね。

そのあたりに悩んだらこの書籍をぜひ。

  

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

信頼を得て、面白い仕事をもらって、自分で優先順位を付けて取捨選択して行く中で自分の歩みたいキャリアが見えてくるのかななんて、最近は思っています。

※私自身バリバリ現在進行中です!笑

 

最後にですが、"意識高めの"17卒の方にこそぜひ伝えておきたいことが有ります。

それは、「身近な人の幸せを考えられない人間が社会を・世界を幸せにできるわけなんてない」ということです。

入社して最初はいろんな慣れないこともありプレッシャーも感じつつ、しんどいことも絶対あります。ときにはプライベートを潰してでも仕事の時間を作らなくちゃいけないこともあるかもしれません。【社会をよくする】といった大義名分に突き進んで仕事に奔走する必要もあるでしょう。

ただ、祖父・祖母・父・母・きょうだい・旦那さん・奥さん・彼氏・彼女といった、本当に身近な人の幸せを考えられない人間は、大きな社会貢献も達成し得ないと私は思います。

ときには祖父母や父母に電話をしてみたり、家に早く帰って大切なパートナーとしっかり会話をする時間をつくったり。そんな時間を忘れずにしていきたいですね。

 

おせっかいなメッセージでした。新社会人としての門出の年頑張っていきましょう!!!

 

自戒を込めて。

なんだかスポーツもテクノロジーで変わりすぎて「やべぇっ」てなった件

今朝、SmartNewsでペラペラと記事を読んでいてこの動画が個人的に衝撃すぎたので思わず久々のブログ投稿。朝からテンション高めです。

 

 

いや、ボールの中にチップ?いれるだけで軌道とかわかるとかは前からあったんでしょうけど、スマホのアプリで即時に分析できちゃうとか神ですね。神。

最近坊主にもなった元野球少年としては心くすぐられてしょうがない製品です。がんばってガラケーで動画とってバッティングフォームとか、ピッチングフォームとか分析していた頃がバカみたい(当時はそれすら便利で良い世界になったものだなとおもってましたが)。

 

ちょっと前には、映画「マネーボール」でも取り上げられたセイバーメトリクス(統計)を使った野球選手の価値をデータで表すみたいなのが流行ったり(もはや考え方として当たり前になってますが)、もう少し前にはヤクルト監督の野村氏のID野球とかが流行ってスポーツもデータが大事とか言われてましたが、ココまで来るともはや最先端の用具を使わないチームとか遅れているし勝てるわけないよねみたいな世界かもしれないですね。

IoTという言葉が世に知られるようになって2-3年くらいな気がするんですが、ココまで浸透してくるスピードって早いものなだなぁと詣く感心してしまいました。

蛇足ですが、この動画を配信している「bouncy」は最近Facebookやらtwitterでよく見かけますが動画クリエイターを使ったクラウドソーシングを担うViibarさんが手がけているんですよね。

viibar.com

 

いろいろな発見があって楽しい朝でした。

 

最先端のテクノロジーとか意外と面白いなとか、知らないとまずいかなとか健全な方はは2/23(木)17:00-にこちらにどうぞ。

※学生限定です