読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

"CAP"は挑戦の母

真冬に坊主にしたので最近ニットCAPをかぶってます。野球をずっとやってきただけあってCAPを被るのは結構好きです。カナダ人曰く、熱は頭から抜けていくので、頭をしっかりCAPで覆うといいらしいです。

 

 ※イメージ画像

 

ところで、CAPって深い言葉ですよね。

capとは ?
主な意味
(縁なし)帽子、キャップ、(職業・階級などを示す)帽子、式帽、(学校などのスポーツの代表チーム特有の色などの)選手帽、ものの上にかぶせるキャップ状のもの、ふた、(瓶の)口金、(万年筆・カメラのレンズなどの)キャップ、(靴の)つま先

 Weblio英和辞典より引用(http://ejje.weblio.jp/content/cap

 

「帽子」が転じて「ものの上にかぶせるキャップ上のもの」そしてさらに、「限界を決める」って意味合いで使われたりもしちゃいます。ぶっちゃけ普段、帽子のことをCapなんて言ってなくて今回のタイトルのCAPは「限界、制限」のCAPです。

そういえば、なんだか最近横文字を話す癖が抜けなくて人と話すときにCap、Capって言ってる気がします。(うざいですね)

 

人生って(人生語るほど長くは生きてないですがw)CAPだらけですよね。

例えば、

高校野球において甲子園は"3年しか"挑戦できない。

"4年に一度しかない"ワールドカップ

"お金がある分しか"ものを買えない、食べれない

 

就活で言うなら、

"限られた時間の中で"自分にあった企業を探さなくちゃいけない。

"限られた情報の中で"自分にあった企業を探さなくちゃいけない。

(地方学生なら)"お金がないから"東京に行って選考を受けるのが大変。

 

とかとか、世の中CAPだらけです。

でもこのCAPがなかったらつまんないなと最近強く思っています。

 

何十回、何百回も「甲子園」があったら熱狂的な高校野球ファンは生まれないし、高校球児が毎日の練習でどうやったら"3年間の間で"うまくなるのかを真剣に考えることはないかもしれない。

 

やっぱりCAPがあるからこそ、そのCAPのなかで目標達成するために必死になるし、そのCAPをぶち壊すために頑張れるなと。

 

そのためには"CAP"が何なのかを適切に認識して、真っ向から立ち向かわなくちゃ始まらないんだなと、最近思っています。

 

自分自身の仕事で言うなら

「忙しくてこの仕事ができない」とか「できる人がいないから諦めよう」っていうのはただCAPがあることを漠然と認識しているただの思考停止状態。

 

「そもそも何が忙しいのか?」「じゃあどうやったら忙しい中でもできるようになるのか?」「どうやったら忙しくなくなるのか?」「なんでできる人がいないのか?」「動やったらできる人が増えるのか?」っていう具合に目の前に出来てしまった量的CAP、質的CAPを自分なりに的確に把握して、CAPの中での挑戦を楽しんでいる状態。

 

就活で言うなら、

「6月までに自分に合った企業見つけるなんて時間が短すぎて出来ない!」っていうのはただの思考停止。

「6月までに最高に面白いと思える企業をどうやったら見つけられるのか?」っていうのはCAPを認識して挑戦し楽しんでいる状態。

 

「学歴って就活でやっぱり影響するんですかね?」っていう質問をするのは実はタダの思考停止。

「学歴フィルタとかくそくらえ。どうやったら高学歴を出し抜けるんだろうか?」って言う考えはCAPを認識して挑戦し楽しんでいる状態。

 

「地方は距離的、情報的に格差があるから良い企業わからないんですよね」と言っているのは状況に対して不満をいっているだけの思考停止。

「地方の距離的、情報的な格差を埋めて面白い企業とであうには?情報量に勝る東京の学生を出し抜くには?」っていうのはCAPを認識して挑戦し楽しんでいる状態。

 

捉え方を変えればいいだけ。失敗は成功の母っていうけど、CAPは挑戦の母ですよ。

CAPがあるから挑戦できるし。楽しめる。無茶苦茶なCAPをほど自分が挑戦できる面白いフィールドになる。農業革命も、産業革命も飛行機もなんでもCAPが存在していたから起こったイノベーションのはず。自分でたくさんCAPを課して挑戦し続けていきます。

 

※地方の就活生は地方というCAPを超えるためにこちら参加してみてくださいね!

2/11 キャリアサミット名古屋

goo.gl

 

2/12 キャリアサミット福岡

goo.gl

 

2/18 キャリアサミット札幌

goo.gl

 

2/19 キャリアサミット仙台

goo.gl

 

まだ就活の"自己分析"で消耗してるの?

今回は思いっきり就活ネタに振り切ってみようかと。

 

最近、幸いにも東京のみならず北は北海道(札幌)、南は鹿児島まで飛んで回っては就活生を中心とする学生のみなさんとお会いして話をする機会をいただいています。

時期柄なのか、関東・地方問わず「就活全くわかんないんですけどどうしたらいいんですかね?」「自己分析ってどうやってやるんでしょうか?」「業界分析ってどうやってやるんでしょうか?」「他の就活生ってどんな軸持ってるんでしょうか?」などの質問を多く受けるなと感じています。(比率的には動き出しが遅めな人が多い地方の方が多いかな)

正直なところ、そういった質問に対しての私の答えはほぼ全て一緒で次の一言です。

 

「とにかくまずは動いてみて考えようね。」

 

誤解を恐れずに言うのであれば、就活の序盤はとにかくインプット量が圧倒的に不足しているので、机に向かってみて悶々と長時間いわゆる「自己分析」をし続けていてもあまり前に進まないと思っています。

もちろん、自分の20年間を振り返ったことがない人にとっては一度過去を見直すということは大事だとは思いますが、「過去を振り返るにあたって重要な視点」自体がない場合効率性に欠けるのではないでしょうか。

過去を振り返るにあたって必要な「重要な視点」とは、どれだけ社会人と同じ目線で物事を捉えられるかということなのではないかと考えています。そもそも就活で対話する相手はいわゆる「オトナ」なのだから。要はその「社会人目線」のインプットをどれだけするかが何よりも寛容かなと。

「じゃあ具体的にどうすればいいんですか!?」っていう質問もよく受けますが、具体的なインプットのための目標設定をある程度定量的においておくのがいいのではないでしょうか。

北村は、ライフネット生命の出口会長が洪の中でおっしゃっている「人生を豊かにしてくれる3本の柱」=「人・本・旅」ということを丸パクリしておすすめしています。

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

 

要は、就活のスタートであるここから

「何人と会って」

「何冊の本を読んで」

「何回東京に行く」(地方学生限定)

という3っつのインプットのための目標設定をしっかりすることによって行動に移しやすくなり、いわゆるPDCA(笑)を回しやすくなるかなと。

【目標例】

「社会人との接点を」就活終了までに◯回持ち、向こう3ヶ月で△回持ち、向こう1ヶ月で×回もち、今週□回持つ。

 

あとは、この目標達成のためには手段は自分なりにやりやすい形で工夫すればなんでもあるかなと。

ひたすら説明会に行くなり、OB訪問するなり、合コンに行くなり、ナンパするなり、出待ちするなり、バーに行って社会人と盛り上がってみるなり、起業してみるなり、ボランティア行ってみるなり、おすすめの本を聞いてみるなり、Amazonのレビュー高い本をさらって見るなり、本屋に朝から晩までこもるなり、図書館にこもるなり、動やったら企業から交通費出してもらえるか考えるなり。

可視化されたわかりやすい目標がないとそもそも人って動きづらいので、この定量目標の設定だけでだいぶ動きやすさが変わるはずです。

何も考えずとりあえず机に向かって自己分析してるのよりよっぽど身になると思いますよ。

(かく言う私は何も考えずに5時間くらいこたつに入って自己分析していた過去がありますがww)

 

厳密にはただ数をこなすだけでは効率が悪いのですが、その質を高める方法についてはまた別途。

さて、目標設定したので動こうと思った方は、ぜひこちらのイベント参加してみてください。Goodfind注目企業が10社以上が集まるので少なくとも(室の高い)社会人に会う定量目標のクリアには有用ですよ。

 

おすすめイベント一覧

www.goodfind.jp

 

札幌の学生はこちら!!

2017/02/18開催 キャリアサミット札幌

 www.goodfind.jp

 

九州の学生はこちら!!

2017/02/12開催 キャリアサミット福岡

www.goodfind.jp

 

札幌、福岡は北村が司会です。お待ちしてます。

大切なことは全て"ペイパルマフィア"から学んだ

IT関連に携わる人、シリコンバレーについて少しでも知っている人、最近ニュースで自動車運転に関するものなどを見たことがある人なら誰しも知っているであろう、「ペイパルマフィア」

 

"PayPal Mafia" is a term used to indicate a group of former PayPal employees and founders who have since founded and developed additional technology companies[1] such as Tesla Motors, LinkedIn, Palantir Technologies, SpaceX, YouTube, Yelp, and Yammer.[2] Most of the members attended Stanford University or University of Illinois at Urbana–Champaign at some point in their studies. Four members, Peter Thiel, Elon Musk, Reid Hoffman and Ken Howery have become billionaires.

PayPal Mafia」『フリー百科事典 ウィキペディア英語版』より。2016年12月6日 23:20 UTC URL:https://en.wikipedia.org/wiki/PayPal_Mafia

 

かのスペースXや、テスラモーターズを産んだイーロン・マスクは相当有名ですが、個人的には圧倒的に"ドン"と呼ばれるピーター・ティール推しです。

 

そんなティール推しの私は、著書「ゼロ・トゥ・ワン」をオーディオブックで何回も聞きまくり、しょっちゅう身を奮い立たせています。

 

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

  

この本、名言だらけでオーディオブックで聞くと本気で身震いしちゃうのですが、(名言集はこちら)私が一番好きなのはやはりこの一節。

 

 

「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」

 

 

本の冒頭から考えさせられてしょうがないったらありゃしない。この言葉好きすぎて、毎回のセミナーや面談で紹介している気がします笑

 

そんな私も常日頃この問いに対する答えを追い求めているのですが、つい最近其の一つの解にたどり着いてしまいました・・・。

その解とは、、、。

 

 

 

 

 

 

 「坊主こそ世界最強の髪型である。」

 

 

 

 

 

 

もう、絶対間違いない。(賛成する人多かったらごめんなさい)

 

きっかけはそう、とある日の朝、お気に入りのジェルワックスをつけていたときのこと。

 

「この時間とシャンプーの時間もったいなくね?」

 

と思ってしまったのです。

ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインジャム10 80g

ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインジャム10 80g

 

※北村お気に入りジェル

 

そこからはもう、Goodfindに坊主の講師がいてはいけないのか?という事に関する検証をスタートです。

 

まずは、周囲の講師陣に「坊主講師とか面白くないっすか?」と軽くジャブを打ってみる。反応は上々だ。

 

と同時に、ある仮説が生まれ調べてみたくなる。「世界の起業家って坊主が多いんじゃないか?」と。

かのスティーブ・ジョブズだってそうじゃないか。

 

そんな仮説を検証すべく、少しググってみると、、、

 

 

 

 

ここまでそうそうたる著名人の名前が並んだらこの仮説は本物だぞ、、、。と。

にも関わらず、Goodfindの講師陣に坊主がいないのはおかしい。そう思い立った北村はいてもたってもいられず、QBハウスに駆け込み、きれいに坊主にしてもらいました

 

学生時代、4年生の春リーグに気合を入れるためにした坊主以来です。清々しくて仕方がないです。伊藤忠の先輩方にも坊主派の方が身近にいたのになぜ、もっと早く坊主にしなかったのか。

 

もう離れられない。坊主最高。

 

ということで、これからは

 

Goodfindの名物"坊主"講師 北村

 

として頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

 

そんな北村は2月大阪、福岡、札幌とセミナー、イベントで全国飛び回ります。ぜひ坊主頭に触れに来てください。

 

※中身は就活生向けの真面目なセミナー&イベントですよ!

※好評につき申込多数のため満席の場合はすみません!

 

2/3 大阪セミナー 

 

2/12 福岡イベント(北村司会)

 

2/18 札幌イベント(北村司会)

 

商社マンってゴルフ好きな人多いよねという話

総合商社に勤めている人(というか、大手企業全般?)は、ゴルフをたしなんでいる人が多いよなとふと出張帰りに全く使わなくなったゴルフバッグを見て思ったわけです。

 

もともと私も、入社3ヶ月とかで初めてラウンドして退職まで計4回ほどはラウンドに出ました(ベスト127ですが笑)。そんなに数は行ってないものの体育会野球部出身なだけあってゴルフ自体好きだったし打ちっぱなしに同期といったりするのも好きでした。

 

プライベートで懇意にさせていただいている人たちも、アッパーな層の方々は、ゴルフでつながっている(私は連れて行ってもらってないですがw)方も多く、人間関係を形成する上でも重要なスポーツであり、やっぱり人とつながってビジネスをつくってなんぼなところもある商社にあって切っても切り離せない部分が大きいんだろうなと。

 

そんな「ゴルフ」ですが、引退後の嗜みとしている人も多いですよね。リゾートでゴルフ三昧。憧れます。

 

ただ、ゴルフ好きでも何年間だったらそれだけやって楽しんで暮らせるかなと考えると1年くらいが限度な気がしてならないんですよね笑

 

先日、セミナーで最近のベストセラーであるこちらの「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

から平均寿命の話を引用して、学生向けにお話ししたところ65歳で引退して100歳で死ぬとして35年間ゴルフだけし続けるのは嫌だよね、、、。といっていたらほぼ受講生全員が「ふむふむ」と頷いていました。

100年生きる時代のキャリア設計ってどうなるのか正直良くわかんないですよね。

 

でも、会社勤めに精を出して65年間生きたとして、会社の外に飛び出す(引退)すると仕事できない(役に立たない)みたいな状態になると、ゴルフ以外のこと(ex.仕事)をしたくてもゴルフしか楽しみがない(ぶっちゃけやりすぎて楽しくなくなるけどそれしかやることない)人生になる可能性もあるよなぁ。と。

 

100年生きる人生で、引退後も本当に「楽しく」過ごし続けるためにはどういうファーストキャリアを選択するべきなのかはもちろん、働きながら自分をどう高めていくべきなのか自分自身もちゃんと考え続けていかないといけないなと感じる毎日です。

総合商社No.1に上り詰めた伊藤忠商事・岡藤社長の語録に今更ながら心打たれた話

「元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。」というブログタイトルにも関わらず、初っ端エントリーはいきなり就活でもベンチャーでもなく「元総合商社の人が総合商社の社長について語るお」というのはいかがなものかと思いつつ書きたくて仕方がなかったので書いちゃいます。

 

実は何を隠そう北村はただの会社員にも関わらず一度だけNHKの取材を(単体ではなく課として)受けたことが有ります。

そのとき映像化された番組が、こちら。

 

tvtopic.goo.ne.jp

 

はい。当時全社200以上の部署がある中で13番目に残業が多い課だったらしく、例の残業禁止令の結果として課の働き方がどうなるのか?ということで先輩が取材されまして、北村もちょろっと映像にだけ写り込んだというだけですね汗

 

閑話休題

年末実家に帰っていたのですが、ふとこのドキュメンタリーの話を家族としていたら母親がしれっと「録画して残ってるよ」と。うむ。小さい頃から野球少年の私を追っかけしてくれていたお母さん、子供が社会人になっても変わらないですね。ありがとう。

ということで、2年ぶりにこのドキュメンタリーを家族揃ってまじまじと見てみたわけです。

 

結果、、、

岡藤さんの一言一言が今更ながら心に響きすぎてやばかったです。

ネット上に名言集とか出回っているのでぜひぜひさらっとでも色んな方に読んでいただきたい。

systemincome.com

「か・け・ふ」(=「稼ぐ、削る、防ぐ」)とか伊藤忠社員でないと聞き慣れない用語も多々あるのですが、話していることが色々と本質的すぎてほんっとうに今更ながら目を見張りました。

特に実践しなくてはと思ったのは、岡藤さんの仕事スタイルでして、、、

・予習型

・現場主義

・夜に決断をしない

この3点は事ある毎に自分に問いただそうと心に決めたのでした。

色々物議を醸した伊藤忠の残業禁止令。現場の末端の小僧の北村には理解しがたい部分が多かったものの、少し年を重ねてインプットも重ねて違った視点で見ると感じ方が全く違うものですね。やはり継続的なインプットも大事。

就活生の方は、大前提の予備知識として、こちらの2冊は最近発刊されて本屋にも平積みになっている読みやすい本なので一読しておくといいかもですね。

 

 

初心に戻れたいい正月でした。

総合商社辞めた身として恥ずかしくないようベンチャーであるスローガンでも引き続き頑張ります。

ブログ始めました

2017年は変革の年ということでブログをはじめました

あけましておめでとうございます。

スローガン株式会社が運営するGoodfindという就活生向けサービスの中の人(講師)の北村です。

京都大学経済学部(硬式野球部)を卒業後、伊藤忠商事で2年ほど働かせていただいた後、転職してから早いものでもうすぐ2年が経とうとしています。Goodfindを通して東京・関西・北海道・東北・名古屋・九州の就活生を始めとする様々な学生の方とお会いしてきました。2年弱の間ですが、延べ5,000名を超える学生の中でお会いする中で自分自身も数多くのことを考え、勉強をしてくることが出来たと思っています。2017年は、社会人歴5年目を迎え30代も間近に迫って来たタイミングでして、会社にとってもGoodfindというサービスにとっても、自分にとっても大きな変革の年になるかと思っています。

というわけで、この節目の年をきっかけにせっかくだから自分の思考をアウトプットしてみようということでブログを始めてみました。

実名も経歴も晒しだして、あるがまま、おもうがままに書きたいことをゆる~く書いていく予定です。

なにはともあれ、明日から新年の仕事が始まります。張り切って行きたいと思います。