読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

商社マンってゴルフ好きな人多いよねという話

総合商社

総合商社に勤めている人(というか、大手企業全般?)は、ゴルフをたしなんでいる人が多いよなとふと出張帰りに全く使わなくなったゴルフバッグを見て思ったわけです。

 

もともと私も、入社3ヶ月とかで初めてラウンドして退職まで計4回ほどはラウンドに出ました(ベスト127ですが笑)。そんなに数は行ってないものの体育会野球部出身なだけあってゴルフ自体好きだったし打ちっぱなしに同期といったりするのも好きでした。

 

プライベートで懇意にさせていただいている人たちも、アッパーな層の方々は、ゴルフでつながっている(私は連れて行ってもらってないですがw)方も多く、人間関係を形成する上でも重要なスポーツであり、やっぱり人とつながってビジネスをつくってなんぼなところもある商社にあって切っても切り離せない部分が大きいんだろうなと。

 

そんな「ゴルフ」ですが、引退後の嗜みとしている人も多いですよね。リゾートでゴルフ三昧。憧れます。

 

ただ、ゴルフ好きでも何年間だったらそれだけやって楽しんで暮らせるかなと考えると1年くらいが限度な気がしてならないんですよね笑

 

先日、セミナーで最近のベストセラーであるこちらの「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

 

 

から平均寿命の話を引用して、学生向けにお話ししたところ65歳で引退して100歳で死ぬとして35年間ゴルフだけし続けるのは嫌だよね、、、。といっていたらほぼ受講生全員が「ふむふむ」と頷いていました。

100年生きる時代のキャリア設計ってどうなるのか正直良くわかんないですよね。

 

でも、会社勤めに精を出して65年間生きたとして、会社の外に飛び出す(引退)すると仕事できない(役に立たない)みたいな状態になると、ゴルフ以外のこと(ex.仕事)をしたくてもゴルフしか楽しみがない(ぶっちゃけやりすぎて楽しくなくなるけどそれしかやることない)人生になる可能性もあるよなぁ。と。

 

100年生きる人生で、引退後も本当に「楽しく」過ごし続けるためにはどういうファーストキャリアを選択するべきなのかはもちろん、働きながら自分をどう高めていくべきなのか自分自身もちゃんと考え続けていかないといけないなと感じる毎日です。