読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

某総合商社出身のGoodfindの中の人が最近の就活や、ベンチャー中心の最新テクノロジーや気になるサービスについて語るお。

うまくいっている人の考え方

意識しているわけではないのですが、結構な頻度で流れの中から本の紹介をすることが多くなっているこのブログ。

読者家な雰囲気を醸し出していますが、北村は基本的に本や活字を読むのが特段好きではありませんし、年間の読書量も大して多くありません。

(漫画は大好きで毎週ジャンプ、マガジン、ヤングマガジンヤングジャンプは欠かさず読んでいます笑)

 ただし、基本的に極端な行動を取ることが多い北村はたまーに、読書にハマる時期があります。

その一番最初の時期が実は中学校2年生の頃でした。もともと新潟県上越市という海の幸と山の幸に恵まれた義の将・上杉謙信公の城下町で生まれ育った坊主頭の野球少年は当時、部活以外の時間の娯楽といえばテレビゲームくらいなものでした。

上杉謙信

上杉謙信

 

 

そんなあるとき、近所にあったTSUTAYAにふらっと立ち入り、それまでゲームコーナーと漫画コーナーにしか見向きもしなかったのですが、何故かその日はふと目に飛び込んだ自己啓発という文字に吸い込まれるかのように「ビジネス書・自己啓発本コーナーに初めて足を踏み入れたのでした。

自己啓発の意味もわからずはいったそのコーナーで北村の目を釘付けにしたのがこの人生初のマンガ以外で読んだ本「うまくいっている人の考え方」でした。

 

オーディオブック
書影
うまくいっている人の考え方
ジェリー・ミンチントン
1,296
FeBeで買う

 

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

なんとなく「うまくいきたい」と思っていたのでしょう笑。ませた中学生です。超ロングセラーとなって今でも書店に平積みにされているこの本に出会って以降貪るように自己啓発本を買っては、中学校の昼休みにドヤ顔で読みふけるというちょっぴり変態な中二病でした笑

今振り返ってみると、中学校二年生だからざっくり15年くらい前なんですよね。それ以来この青色の表紙は永遠と頭にこびりついているのですが、中身についてはほとんど記憶になかったんです。

そんななか、つい先日最近ハマっている(今はたまにある読書ハマり時期です)オーディオブックのFebeにおいて800円セールにこの「うまくいっている人の考え方」がリストアップされており、「超久々に読んで(聞いて)みるかー」と思い購入してみました。

 

FeBe

 

改めて読んで(聞いて)みるとなんとまぁ衝撃的。全く本の内容なんて覚えていなかったのですが、聞けば聞くほど自分がなんとなく考えている行動指針的なものに非常に近い言葉がズラリ。

もちろんこの本で記載されている考え方のすべてをうまくやれているわけではないのですが、普段から意識している、ないしは意識したいポイントが並んでいてほんとにびっくりしました。

顕在意識になかなか残っていないものでも幼少期(といっても中学ですが)に読んだ本の内容が知らず知らずのうちに潜在意識に刷り込まれていたのかななんて思いました。

ちなみに内容としてはざっくりいうと「自尊心」の身につけ方について語られています。就活で落選が続いたときに読んだりすると立ち直れるかもしれませんね。

 

読んだ本の内容って、覚えてないと思っていても覚えてるものなんだなと実感した15年ぶりの懐かしい本との邂逅でした。